トップページ

古本募金とは

スクリーンショット 2015-10-25 16.20.35

ご家庭で読み終えた書籍や使い終えたDVD、CD、ゲームソフトをお送りいただき、
その買取相当額をNPO・NGO等の団体に寄付する新しいチャリティーの仕組みです。

現金による寄付ではなく、ご不要になったお品物を着払いでお送りいただき、ハピぼんが換金させていただいた上、任意でご指定いただいた団体様に寄付させていただきますので支援者様に一切お金はかかりません。

ブック・エイド、ブック・チャリティー、ブック・ドネーションとも呼ばれ、
全国のNPOなどの社会貢献団体や大学などに、広く採用されています。


また、ハピぼんでは寄付額に応じてご協力いただいた支援者様にAmazonギフト券を贈らせていただいております。
この仕組みは全国の古本募金でも初の試みとなり、ハピぼんの「関わっていただいたすべての人がハッピーに」を形にしたものとなります。


寄付先につきましては下の支援先情報一覧より任意でお選びいただけます。

また、ご指定いただけば掲載していない団体様への寄付も古本募金を通してお手伝いさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

ハピぽんとは?

ハピぽん3つの特徴

支援者様には、Amazonギフト券をプレゼント!
手数料・送料などは一切不要!
簡単・安心・安全の代行システム!

 

 

kumamotosien.jpg

支援先情報

NPO法人 アクション

logo

アクションは「こども達の可能性を広げる国際協力」という理念のもと、貧困の連鎖を断ち切ってこども達が自分の人生を歩んでいけるよう、3つの軸で活動を行なっています。

>>詳細はこちら

NPO法人 希望寮

top-header011

希望寮は札幌で、衣・食・住・職、そして自立するための支援活動、ホームレス支援を行っています。 お困りの方がいらっしゃったり、見かけた場合のご相談もお受けしております。

>>詳細はこちら

NPO法人こども共育サポートセンター

junbi2

こども共育サポートセンターは、札幌で子どもを対象とした「社会で生きる力を育む事業」により、こどもたち一人一人がイキイキと成長する場所を創る活動を行っております。

>>詳細はこちら

NPO法人ezorock

junbi2

ezorockは「社会を揺り動かす」という理念のもと青年層のネットワーク拡大とともに地域で発生している課題に対し若者のアイディアやマンパワーを届ける事業を展開しております。

>>詳細はこちら

認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

junbi2

しっぽの会は、「人と動物が共生できる幸せな社会」の実現に向け、不幸な”小さな命”を増やさないよう、保護活動、啓発活動などに尽力しております。

>>詳細はこちら

NPO法人Fine

junbi2

Fineは、日本の不妊、また不妊治療環境の向上のために、勉強会をはじめ日本で初めてピアカウンセラー講座の実現等、不妊を取り巻くあらゆるシーンで活動に取り組んでおります。

>>詳細はこちら

特定非営利活動法人Kacotam

junbi2

Kacotamは、すべての子どもたちに環境に左右されない楽しい学びの場を作ることを使命とし、「学びの機会」と「自己肯定感の向上」をキーワードに活動しています。

>>詳細はこちら

公益財団法人 北海道盲導犬協会

junbi2

公益財団法人北海道盲導犬協会は盲導犬の育成と視覚障がい者への盲導犬貸与を事業の柱として総合的な視覚障害者リハビリテーション施設を目指して活動しております。

>>詳細はこちら

認定NPO法人えひめイヌ・ネコの会

junbi2

えひめイヌ・ネコの会は人と動物が共生できる、やさしい社会づくりを目指して行政への働きかけや保護活動、動物愛護精神の啓発活動などに尽力しております。

>>詳細はこちら

NPO法人北海道ボランティアドッグの会

volunteerdog

北海道ボランティアドッグの会は「犬を介して社会福祉事業をする」事を目的に、セラピー犬の育成と触れ合いを通じて笑顔や気力を呼び起こす派遣活動を行っております。

>>詳細はこちら

認定NPO法人 北海道ランナーズサポート

volunteerdog

北海道ランナーズサポートは、北海道マラソンを始めとして北海道のランニング・スポーツ文化の発展やスポーツボランティアの拡充のために活動を行っております。

>>詳細はこちら

しんぐるまざあず・ふぉーらむ北海道

mama-rogo

しんぐるまざあず・ふぉーらむ北海道は、母子家庭の当事者を中心にシングルマザーが子どもと共に前向きに生きられるよう、相互援助・情報提供・交流等の活動を行っております。

>>詳細はこちら

 

 

ごあいさつ

私はかねてから「北海道の地域社会に貢献したい!」という想いを抱きながらこの地で事業を営んできました。この夢を実現するため、あらゆる手段を探し続けたところ、あるとき古本を活用した寄付を募る支援団体があることを知ったのです。

 

「自分がやりたかったことは、これだ!」と直感しました。なぜなら自分が事業で扱っている『本』を通じて社会貢献活動をしたいと考えていたからです。 しかし、「大きな組織でもない自分たちにできるだろうか」という迷いが私の決断を鈍らせました。そんな資格があるのだろうか…と自信が持てなかったのです。 周りからも「キレイごとだけでどうせ失敗する」「社会貢献よりも先に利益を優先するべきでは」と叱責され私自身、事業を営んでいる以上赤字になる可能性があるのにやっていく意味があるのだろうかと正直悩んだ時期もありました。

 

そんな私に勇気をくれたのは賛同者の方の言葉でした。
「いつかは誰かがやらなきゃいけないことだ。失敗したって悪いことをするわけじゃない。想いがあるなら君がやるべきではないか」
私はこの言葉に背中を押され、「絶対に成功させる!」と覚悟を決めたのです。

 

日々、全国からご賛同いただいている支援者様の温かい心に触れ、感謝の気持ちと共に社会の問題を痛感させられます。
今後、ハピぼんの活動が一人でも多くの方に拡がること目標に進み続け、支援者様、支援先団体様、関わっていただいたすべての人がハッピーになれるようこの活動を通じて地域と社会貢献に尽力して参ります。
 

微力ながら全力でサポートさせていただきますので、引き続きご支援・ご協力をお願い申し上げます。

 

ハピぼん運営事務局 代表 稲葉清方
本を寄付する 0120-343-342